<< Ab | main | BEATLEVANA T >>
2010.09.06 Monday

ましごか!

 ひさびさの国内線はゆれにゆれました。

やって参りましたそこはマシゴカ!
そうなんです。私の頭の中ではそれぐらいサウンドが宇宙な所でした。

ここはパワースポットなのではないでしょうか!
市内でランドスケープチームと合流して、
会場のかわなべへと向かいます。

空がひろく!
雲がすうんごい!!
AZもでかい!!!

このスーパーセンター
すごいHomedepoです。
なんと車も売ってるんです。

薬品部もあります。
ここで食料を買い込んで、今回のイベント会場である
かわなべ森の学校(旧長谷小学校)へ。。。

じゃじゃーん!

ここは建てられたから100年経つそうです。

その市内に住む人ですら初めて来るという人だらけのところが
自分にとって初の九州でした。
その初場所で行われたGood Neighbors Jamboree
夏の一日豊かな自然の中で音楽を楽しみながら、
デザインやカルチャーのワークショップを体験できる異色の野外イベント
そこに我ら神山りゅうじ&かざまなおみのライブスクリーンプリントユニット
The Strange Over Tonesが参加して参りました。
ありがとうございます!
いやーこの地球上ではいろいろな方々がいらっしゃって
なおよろしいです。

鹿児島に、もしくは九州で活動をされている方々がいろいろな形で参加をしていて、
みたこと、きいたことないものだらけ!
その地を感じる事ができました。
ランドスケーププロダクツの工場長は延々と木をけづってバターナイフを創るワークショップを!
(実に参加したかった。。。自分のバターナイフ欲しかった。。。)
ツリーハウスを製作している間に、子供たちが製作できる段ボールハウスをつくるをやってる方々。。。
しょうぶ学園という知的障害者を支援している工房の方々。。。
聞くところに寄ると、とことん好きな事をさせているらしく、この工房のライプパフォーマンス
OTTOおっとおー
好きな事を自由に表現するということはこんなに魂に響くのかということを
体感しました。
逆にいうと
もしかして健常者といわれているわれわれは何かしらの枠や都合に常にしばられていて、
不自由なのではとおもいました。
ここまでやるにはこのしょうぶ学園が目指す、障害者と健常者の枠を取り除いた対等な関係づくり
というものは
じつは健常者が正常になる。目覚めるということなのではと。。。
とてもよろしいです。
涙と共に感動しました。
きっとDavid Byrneもそうおしゃっるとおもいます。



おっとおーのみなさん

サアー開店です。

とうじつは沢山の方々が列をなしてくださって、しかもそれがとぎれない!


今回もOrganic cotton from India!!!のGreenTEEにボディを協力していただきました。毎回好評です。
持ち込みも大歓迎とtweetしていたので、いろんな物が持ち込まれもしました。



実行委員長!talking about good neighbors! into 鹿児島テレビ!



とたぶん5時間ぐらいぶっつづけで刷って、やっと一服してもどってきたら
もうできないですかねーと鹿児島大学音楽教育学部の方が。
もちろんやりますよ。あなたの為にきたようなもんだもの。。。


すてきな笑顔をありがとうございます。
このあとぶっ倒れて、戻って来てからまた1時間ぐらいスタッフの方々に
刷って、するとまだできるんじゃん!みたいな方々がきて、
ととにかくやれることはやりました。
そのあとはあまり覚えてません

残った景色だけ。。。


ひとつだけ鮮明に覚えてる味があります。

若者がひとり立ち上げた味!
大和櫻
このへんでは鵠沼の日の出橋にあるリカーストアであります。
2,400円。
鹿児島と同じ値段です。
そこのオールドフォグホーンというサンフランシスコのビールもお試しください。

すべてがとてもよろしいです。












Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM