<< Found! | main | Yuri Shibuya >>
2011.02.20 Sunday

Underneath the bridge

 葉山の神奈川県立MoMAにてアフリカの作家、エルアナツイさんの作品がご覧いただけます。










全て使われたビンや缶のふたなどを銅線で紡いだ作品。
しかも全て25mプールぐらいの大きさ!



とてもシンプルで、日々の営みや混沌、そして生み出される生という大きさを
感じました。もちろんアフリカではこういった紡がれる生地や、おもちゃ、リサイクル的な
ルーツなどがあるのでしょうが、そーいったコンセプチュアルな頭の中遊びを感じさせない。トトロに出会うような素敵な作品でした。
大満満地球でした!
そりゃピーターバラカンも絶賛するわ!!!

そしてもひとつ!
こんどは神奈川県立MoMA kamakuraです。

つじしんどう
生誕100周年の記念展です。
作品の写真はありませんが、彫刻家です。
世はその当時、モチーフ、モデルありきで彫刻をしていたころに、彼一人
そのモチーフ、モデルを捨て、抽象というモディファイの世界へ進んだ第一人者!
そのときのこの国の反応は冷たく、誰もが彼の創りだす作品を理解することもせずに批評したそうな!
それを日本は認めなくとも、世界が認めてしまったのです。
そして、日本が認めたのです。
なんだそれ!
まあーよくあるパターンですが、とにかく彼の作品、牛!と寒山!!!ご覧下さい。
1960年代にイタリアの国際美術展ゔぃえんなーれ!に出展されたものです。
当時の彼が未知の世界へ突入するときの言葉。

イマヤラネバイツデキル、オレガヤラネバダレガヤル。

すばらしい。泣!

そして感動の後は、美術館内にOPENした鎌倉の仲間達が運営するRENCON cafeで熱くなった心と衝動をクールダウンしてください。



とーってもよろしい空間です。
蓮の池、広いベランダ、そしてヒカリ。
運が良ければ、イクちゃんのランチ、もしくはアレーのサンドイッチが食べれるよ!

そしてアレーと言えば!
来る3月5日、6日は鹿児島で行われる
Design Market in Kanoya 2011
わたくちがテキスタイルデザインをさせて頂いております。
MONROが出展です。
そこでわたくちカザマナオミがライブシルクプリントいたします。
今回はスベーテあったらすーいディザアインでございます。
もちろんGreenTeeのオーガニックTシャツもお持ち致します。

鹿児島の皆様ぜひおこしください。

こんな看板が目印です。

MONROってみえる?
ネコもんろー!

Villyといっしょに♡


鎌倉市場内Paradise Alley Bread & Co.宇宙研究所のこうへい、
あさみちゃん、そして勝見じゅんぺい氏
ありがとう!
VillyのiPhoneケースお持ち致しますので、今しばらくお待ちください。

最後に
iPhone ケースでイイデザインないなーとお困りの方、
こちらに良いのがございます。


とまあー
いろいろあった一週間でしたが、
とにかく
タイトルである
Underneath the bridgeでは
つねに
Something in the wayなのです。

この1秒に4m地球は回ったのです。



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM